大津町をもっと熱くしたいと考える人たちと、
大津町のホットアイテムの紹介。

熱い人たち

熊本県大津町の熱い人たち。明日の大津町を創る、地域で熱く活動する元気な人たち。

熱いモノたち

新しい大津町の名産品を考えています。2015年は、食べ歩きを楽しんでいただけるお食事メニューを開発しました。

ほりだしメンチバーガー

有限会社 あじまん

ほりだしメンチをバーガーで!えころとんの豚ミンチ100%とサイコロ状に切ったほりだし君で作ったメンチカツがメインです。 今回食べやすいように千切りキャベツを一緒に挟んでバーガーにしてみました。食べ応えあり!

芋くず豆富とむし芋のロールクリームソース

和伊華屋よいば

よいばの創作料理を見て下さい。蒸して甘みを出した芋を豚肉で巻き、洋風なホワイトソースで食します。

ほっこり汁

旅籠 はしもと

えころとんと大津産の野菜を使用しています。えころとんをいためて、味に深みを出しています。

全ての材料が大津産!豚汁ちさん

有限会社 あじまん

からいものアレンジメニューいろいろ

エアポートホテル熊本

美味しいからいものアレンジメニュー。 大津町産のからいもを最大限でアピールできる様にご家庭でもアレンンジしやすいメニューで考案しています。また、リーズナブルに提案できる工夫を取り入れています。

えころ豚と高系十四の角煮

和伊華屋よいば

さつま芋のくず豆腐と角煮を揚げ秘伝のタレで揚げ出し豆腐に。

えころ丼

旅籠 はしもと

阿蘇の麓、大津の地で育ったエコロ豚を使用しています! 臭みがなく、ジューシーな豚肉を使用。こだわって飼育されたエコロ豚本来の旨味をダイレクトに味わえ、オリジナルたれとの相性は抜群です!

試食会を開催し、みんなでワイワイと食べてみました

大津町内外からの多くの方々にお集まりいただき、盛大に試食会を行いました。

芋の甘さがほんのり香る、大津っぽいスイーツが印象的でした。そのま食べてもおいしいお芋をスイーツに加工すると、かなり上品に感じました。

今村 幸子

一度にたくさん食べ比べたので、どれも甲乙つけがたいものでしたが、やっぱりえころとんを使ったお料理がおいしかったですね。

小路 順一

野菜たっぷりの汁物がおいしかったです。さっぱりしているけど、コクのある風味と野菜のうまさが絶妙でした。

肱黒 修司

2014

2014年に生まれた新しい大津町の名産品。2014年は、お土産やおやつを開発しました。

いもほりもっちぃ
県立翔陽高校
いも姫
時代屋
ニラ餅
時代屋
Suiouマフィン
のだ・香季園
芋ぶらうにー
有限会社 はしもと
肥後シルク
百商
えころ春巻
トップフーズ
銅銭糖(抹茶)
浪花屋本店
銅銭糖(栗)
浪花屋本店
銅銭糖CUBE
住本商店

大津町とは

大津町は熊本市と阿蘇山との中間に位置しており、別府・阿蘇・雲仙などの国際観光ルートの路線上にあります。
大津町は国道325号と国道57号が縦・横断し、熊本空港、九州縦貫自動車道熊本ICを近くに擁する交通条件に恵まれた田園産業都市です。

大津町の紹介

天正15(1588)年加藤清正が肥後の領主として入国、大津下井手、上井手の開さくに着手しました。その没後、井手は、細川氏により完成し、1,300町歩に及ぶ一大穀倉地帯となりました。

江戸期に肥後と豊後を結ぶ豊後街道の要衝として細川藩主参勤交代の宿場町となり、さらに近隣52村余りを統轄する藩政の役所である大津手永会所が設けられ、政治・経済・文化の中心として栄え、今日の基礎が築かれました。

現在の人口は3万人を突破し、近年ますます増加を続けています。四季折々の自然の風景、人々の暮らしの風景、産業の進展、インフラの整備など、バランス良く調和し発展を続けています。

Googlemap

お問い合わせ先

大津町商工会
〒869-1233 熊本県菊池郡大津町大字大津1417
TEL:096-293-3421 FAX:096-293-3429

http://oodu.jp